【音声作品】おねえちゃんはぼくのもの!


本日、とろとろのゆで卵より「おねえちゃんはぼくのもの!」が発売されました。

title_201606301340264be.jpg

活動再開してからの第一作目となります! 前回も休止してからの第一作目でしたね……。

さて、この作品は山桜の精であるおねえちゃんとのイチャイチャ、あまあまな音声作品となっております!

「ふふ。会いたかったよっ、僕ちゃん。

ねえねえ、ぎゅぅぅぅってしていい? ぎゅぅぅぅって。

もう、じれったいなあ。返事聞く前にしちゃうね。ぎゅぅぅぅぅっ!」


このような感じの可愛らしくも少々強引な、弟大好きおねえちゃんです!
Hシーンでは手コキ、パイズリ、フェラ、本番と王道のイチャラブHシーンをご用意しております。

またHだけでなく、おねえちゃんとのイチャイチャ甘い気分を味わえる内容となっており、
疲れた身体におねえちゃんの甘く心地良い声音が浸透することでしょう。
童心に返りながらお聴きくだされば存分に楽しめること請け合いです!

加えて前作と同じようにおねえちゃんの語りもございますので、昔話を読み聞かせてくれるあの懐かしい感覚に浸りながら安眠することも可能です。

さて、ここからは謝辞を。
声優を務めて下さった「霜月優」様は、もう本当におねえちゃん! という感じのお声と雰囲気で「もう俺って弟なのでは?」と退行催眠に掛けられます。とても自然なお声で違和感など微塵も覚えることのない流麗な口調は、おねえちゃんとのイチャラブな世界に没入させてくれます。ベテランの技巧とは素晴らしいものですね。プロってすごい……とひたすらに感嘆です。

イラストを担当して下さった「ズンにゃんにゃん」様は、前作に引き続きとても可愛らしい絵柄なのですが、その中に混じる仄かな母性が堪りません。存分に甘えたくなるような衝動に駆られる、魅力満点なイラストです! 黒髪を結わえるリボン、瞳のハートマークがおねえちゃんの明るさと弟への愛情を表しており、絶妙な個性を引き出しているかと。


僕も前作のようにおねえちゃんの個性を重視し、明るくてちょっと寂しがり屋な、弟離れ出来ていないおねえちゃんを表現できたかと思います。お勧めは全編ですが、特におねえちゃんの語りを静聴して下さると幸いです。弟になりきって、たまにはおねえちゃんに甘えちゃって下さい!

そして最後に、本作のシナリオを任せて下さった「こえスペース」様。
詳細な設定の提示と迅速な対応にはほんと舌を巻きます。とても有難いです!
今後ともよろしくお願い致します!

前回の花神様の記事に「皆様、社畜になった僕ですが今後ともよろしくお願い致します。
近いうちニートに生まれ変わって完全復活したいです。」と書きましたが、まさかその通りになってしまうとは驚きです。

えー、なので今後は職を引っ提げつつ文筆業も両立して行えるように致します。
でもシナリオライターなので社会に貢献していると信じたいです、信じていいですか? 信じますね!

それではまた、次の作品で!

スポンサーサイト
[PR]

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント