スポンサーサイト

カクヨムに小説投稿しました!

タイトル通り、カクヨムという小説投稿サイトに作品を投稿しました。学園ラブコメです。https://kakuyomu.jp/works/1177354054882165162右の「しょうせつバナー」からでも飛べますので、よろしければ。...

pixivに小説上げました!

宜しければ一読してみてください。「巨乳サキュバスの楽園」というタイトルで、プレイ内容はパイズリオンリーとなっております。前編と後編あります。今後はpixivの方にこういった小説をアップしていくかもしれません。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7365721http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7377535...

ボツにした小説のプロローグ

せっかくなので、冒頭だけ公開します。---------------------プロローグ 大理石の白く滑らかな壁は、兵士の血で濡れている。神聖な空気の中にも、どこか長閑さを感じさせた王宮。瞼の裏に蘇る、安息の日々。何かの夢ではないかと、目を開ける。儚く浮かんでいた情景は、兵士たちの怒号、嘔吐くような濃い血臭……鮮烈に焼き付いた今の『現実』が、その全てを打ち砕いてしまう。「……うぅ」城内に津波のごとく押...

カクヨム投稿

つい先日、角川のカクヨムという小説投稿サイトが公開されました。なんと二次創作も(許可されている作品だけ)投稿出来るのだとか。そう言えばどのサイトにも長編を公開していなかったなーと思い、せっかくなので載せて見ようかと。https://kakuyomu.jp/works/1177354054880371660この作品は一年前くらいに書き上げたもので、新人賞に投稿するために書いてみました。結果は……まあ、MFとえんためで二次落ちでした。自分的にはもう...

梓「My Symphonia」【けいおん二次創作】

 耳の奥を揺さぶる、むったんの重低音。指に馴染んだ弦を弾いて、私は『音』を奏でる。 一つだけじゃダメだ。周りがリズムを作り、そこに様々な音が組み合わさって、調和したものが『音楽』となる。 ……でも、違う。私の求めていた音楽とは、何かが。 唯先輩たちの卒業後、部長となった私の許に、新入部員がやって来た。今や私――中野梓は『わかばガールズ』の皆を取りまとめる存在だ。 そんな大役が私なんかに務まるのか。正直...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。